ホーム‎ > ‎News‎ > ‎

4年生シンガポール海外研修(2014. 9. 20 ~ 10. 5)

2014/09/24 7:54 に 加藤達也 が投稿   [ 2014/10/14 1:01 に更新しました ]
Day 1:
 熊本空港発-羽田空港乗り換え-チャンギ空港(シンガポール)着の飛行機でシンガポールに到着.チャンギ空港ではTP (Temasek Polytechnic) の学生が出迎えに来てくれて,早速交流開始.両替や携帯電話のSIMカード購入などの手続きを一緒に手伝ってくれました.その後,宿泊施設で荷物を下ろして,オリエンテーション.課題は,シンガポールの観光名所「マリーナベイ・サンズ」を目指して,各班で交通機関を調べて自力でたどり着くことでした.結果は、、、見事に全員到着!!TPの学生のアシストもあったようですが,それでも,初めての海外でよくできたと思います.Good job!

Day 2:
 本日より,交流プログラム開始.まずは,アイスブレイクとして,簡単なゲーム(タケノコニョッキ?や鬼ごっこなど)を行い,両学生間の距離をグッと縮めます.みんなすぐに仲良くなったようで,楽しく笑いながら取り組んでいました.次は,異文化交流ということで,それぞれの国の特徴をお互いに英語でプレゼンテーションを行いました.TPの学生は「シンガポールの多民族文化」を解説してくれて,我々は「伝統的なゲーム(囲碁・将棋など)」「サブカルチャー(アニメ・漫画など)」「武道(柔道)」を解説しました.緊張しているのか,まだ少し硬い気がします.


Day 2--3: 
 英語特別授業(前半).英語のスピーキングの特訓を行いました.自己紹介に始まり,人の紹介,場所の説明,最後はペアで寸劇を行っていました.最初はモジモジしていた学生も,寸劇の時はしっかり感情を表現していて非常に盛り上がっていました.講師の先生が,ものすごくエネルギッシュで学生もつられてどんどん活発になっていきました.


Day 4--5: 
 英語特別授業(後半).英語で自分の意見を表現する特訓を行いました.いくつかのトピックに対して自分の意見を述べ,それを聞いたパートナーが同意 or 反対を示して理由まで述べるというトレーニングでした.基礎を行った後は,なんとキャンパス内の学生に対してインタビュー!日本でも知らない人にインタビューするのは大変だと思いますが,全員,しっかり英語で質問していました.その後,インタビューの結果を分析して,翌日の発表スライドの準備を行いました.


Day 6:
 英語特別授業(最終日).前日に調査した内容について,スライドを作成し一人一人発表を行います.午前中はTPの学生に手伝ってもらいスライドの仕上げと発表練習.なんと,講師の先生が一人一人の発表を見て目線や話し方について指導して下さいました!午後にそれぞれ正装で発表を行い,練習の成果を発揮できていたのではないかと思います.無事,全員に修了証書をいただきました.


Day 7: 
 英語特別授業お疲れさま!ということで,セントーサ島のビーチでTPの学生と一緒に大はしゃぎ!!


Day 8:
 お休み...ですが,多くの学生はTPの学生と一緒にお出かけしていたようです.楽しそうで何より^^


Day 9: 
 STEPS (Science and Technology Exchange Platform for Student) でお互いの学校での取り組みについて口頭発表&ポスター発表を行い情報交換.その後,近くのフードコートで昼食.みんな慣れたもんです.その後,工場見学へ.人数が多いので3か所に班分けし,今回はHPシンガポール,Nidecの研究所,Nidecの生産工場を見学させていただきました.


Day 10: 
 Wild Goose Chase.ヒントを頼りに,シンガポール国内のチェックポイントを回ります.全員で同じTシャツを着て一致団結!手始めにTPキャンパス内で,ちょっとした試練がありました(笑).最後は全員無事に集合場所にたどり着きました.


Day 11:
 TPの学生と一緒にシンガポール動物園へ!基本的に檻がなく,頭上の木の枝をオランウータンが移動していたり,動物との距離が非常に近いと感じました.広い園内を散策した後はナイトサファリへ!夜の動物園というだけでワクワクするものですね.日本では見たことのない動物たちもたくさんいて,学生たちも楽しんでいるようでした.


Day 12-13:
 最後の2日間は「ものづくりプロジェクト」.4人程度のグループに分かれて,マイコンボードでモノづくり.2日間でプログラミングと発表準備を行うという強行スケジュールでしたが,グループで役割分担を行い,しっかりと動作するものを作り上げ,英語で発表ました.また,実機を用いて実演を行い,上位3グループには表彰&景品が渡されました!


Day 13:
 夕方からはお別れパーティー.1人ずつ前に立って挨拶をしました.多くの学生が「もっとシンガポールにいたい!帰りたくない!!」と言っていました.その後,カラオケ大会が始まり,別れを惜しみつつみんなで肩を組んで泣きながら歌いました.


Day 14:
 出発の日.夜中の便だったため,日中はフリーでしたが,学生たちは最後の最後までTPの学生と一緒に活動していたようです.最後は空港まで見送りに来てくれて,みんな涙を流しながらお別れの挨拶をしていました.2週間という短い時間でも,深い友情が芽生えたということですね!


 出発する前は長く感じていた2週間も,終わってみるとすごく短く感じるものです.お別れパーティーでも学生が言っていましたが,「はじめはシンガポールに行くのが嫌だった、、、でも,今は日本に帰りたくない!!」と思うようになるもので,国際交流や英語に苦手意識を感じている人もいるかもしれませんが,一歩踏み出せば変わるかもしれません.
学生たちがそう思えたのも,シンガポールで出会った親切で優しいTPの先生方や学生のみんなのおかげだと思います.3月にはTPの学生が本校に来てくれる予定です.今回の恩返しをしっかりと頼みますよ!
今回の海外研修を通して,シンガポールを身近に感じるようになり,日本の中の出来事だけでなく,国際的な広い視野を持って活躍する人間へと成長してくれることを期待しています.
Comments