ホーム‎ > ‎News‎ > ‎

第12回くまもと研究交流サロンにおいて専攻科生・樫本昂大君がプレゼンを行いました。(2014/8/5)

2014/08/07 22:40 に 大塚弘文 が投稿   [ 2014/08/08 18:26 に 加藤達也 さんが更新しました ]
くまもと研究交流サロンは、より良い未来を創造するために切磋琢磨する人間が集まる「革新と創造の出会いの場」として企画されています。
熊本を元気にする知恵を生み出し、熊本発のグローバルイノベーションにつなげていくことを狙いとして、熊本大学イノベーション推進人材育成センター(HUREC)が企画運営しており、今回は熊本キャンパスを会場に開催されました。大塚弘文教授の研究室に所属する専攻科生・樫本昂大君が、「深度センサを用いた首振り動作のオンライン計測とそのパーソナルモビリティ操縦システム開発への応用」についてプレゼンテーションを行いました。


Comments