ホーム‎ > ‎News‎ > ‎

ウェルフェア2017で学生が研究を紹介しました。

2017/05/28 20:29 に 松尾和典 が投稿   [ 2017/05/28 20:29 に 加藤達也 さんが更新しました ]
名古屋市で開催された第20回国際福祉健康産業展:ウェルフェア2017(5月18日(木)〜20日(土),ポートメッセなごや)の熊本地震復興支援ブースに、県内企業8社とともに熊本高専から研究開発中の「感覚マヒ検査用機器」を出展しました。展示会では、今年度卒業研究で同機器の研究開発に取り組む5年生の林田健志君が参加し、来場者への説明に積極的に取り組み、貴重な経験となりました。来場者からは、“熊本頑張って下さい”との声援を頂き、また,初日にはくまモンの応援もありました.
   
Comments